<< 相対音感はピアノを習っていれば自然と身に付くものではない | main | 人間は誰一人としてオンチはいない 〜着実に上達している超オンチの生徒さん〜  >>
ピアノ発表会が無事に終わりました!

新年あけましておめでとうございます。

 

当教室のピアノ発表会が、昨年12月21日に行われましたが、皆さまのご協力の下、無事、終了することができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

 

今回の発表会も、雨が全く降らない日で、天気はずっと曇りで決して良いとは言えませんが、これまで当教室の発表会で雨にあったことは一度もなく、自称晴れ女(?!)の名目を果たすことができました。^^;

 

今回の発表会も盛沢山のプログラムで、最初はice breakingとして、生徒さんが考えてくれたゲームを通して緊張をほぐしてくれました。(ice breakingとは、アメリカのセミナーや会議などの集まりでよく使われていますが、初対面の人同士が出会う時に緊張をほぐす手法のことを指します。)

 

今回は、下は3歳から、上は60代の方まで、幅広い年齢層による演奏を聴かせてくれました。まずは、可愛い子供達の演奏の一部から。この子供達は英語で歌を歌いながらピアノを披露してくれました。当教室のお子さんは全員、英語で歌を歌うのはお手のものです♪


 

大人の方も頑張って弾いて下さいました。中には今回、発表会が生まれて初めての方も!また、こちらの写真にはありませんが、相対音感トレーニングを受講している方には、歌を歌って頂きました。

 

演奏は2部形式となっており、1部と2部の間には、アメリカから帰国した二人の姉妹が、"Joy to the World"のクリスマス讃美歌を歌ってくれました。その後、皆で英語の歌詞で歌う練習をしました。"Joy to the World"は、日本語で「諸人こぞりて」の歌になりますが、アメリカで最もクリスマスで良く歌われる讃美歌です。

 

 

1部はこの1年で習った曲で好きな曲を披露、2部は自由曲で、皆さんクリスマスの曲やディズニーの曲などの披露してくれました。最後には、相対音感トレーニングを受講している生徒さんが、ギターが弾けるというので、ギターで「きよしこの夜」を弾いてくれました。

 

ちなみに、2部は楽器なら何でもありです!過去には、ウクレレを弾いて下さったり、こちらのピアノの伴奏でバイオリンを弾いた生徒さんもいました。

 

プログラム終了後は、待ちに待った恒例のプレゼント交換。ご父兄の方達も交え、アメリカで行われているプレゼント争奪戦が始まりました!

 

 

このプレゼント争奪戦は各々が欲張りにならないと盛り上がらないのですが、控えめな日本人同志ではなかなか盛り上がらず、過去のクリスマス発表会でもあまり盛り上がりませんでした。ところが今回は、一人の若い男性生徒さんが欲張りになって他人のプレゼントを奪ったため、それがきっかけとなり、各自が欲張りになり(笑)、プレゼントを奪う、奪われたプレゼントを取り返す、というハプニングが続き、笑いも沢山あり、大いに盛り上がることが出来ました♪

 

発表会の後は、いつもの通り、私はクタクタになりましたが、皆さんがとても楽しかったとおっしゃって下さり、良かったと思いました。皆さん一人一人においては、演奏が上手くできなかった、失敗しちゃった、など反省するところが色々あるかと思いますが、これを糧に、また次の機会を目指して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| レッスンのこと | 10:09 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH