<< コンサートを開催することになりました | main | コンサートのリハーサル >>
音感トレーニングに関心を持つ大人が増えた?

ここ最近、当教室では音感トレーニングに関心を持つ大人の問い合わせが増え、大変喜ばしいことだと思っている。普段、ブログでも音感教育の重要さを伝えてきたお蔭なのかどうかは分からないが、理解を持って下さる大人が今後も増えて欲しいと願っている。何故なら、大人の場合、ピアノを始める方のほとんどは子供の頃に一度ピアノを習ったことがあり、そのほぼ全員(といっていいと思う)がちゃんとした音感訓練を受けていないからだ。

 

音楽をやっていたから、完璧ではなくてもある程度の音感は持っているだろう、と思われがちだが、その音感力は非常にあやふやなものだけでなく、ほとんど音感がない方がいるのも事実である。

 

当教室のある大人の生徒さんは、ピアノも中の上レベルでソナチネだけでなく、時には難しい曲も対応でき、指もよく回り、かなりピアノが弾ける方であるが、その方が相対音感の重要性を感じたのか、当教室に体験レッスンにわざわざ東京からお越しになり、絶対音感と相対音感のテストを受けた。まず、絶対音感はないばかりか、相対音感テストもほとんど音が聴きとれない状態で、歌を歌わせても音程が全く外れていた。何年か前に音感がほとんどない中学生の生徒さんに音感トレーニングをしたことがあるが、その生徒さんよりもはるかにひどい状態であり、正直、ピアノがここまで弾けるのに音感がほとんどない方もいらっしゃるのだ、ということを改めて知らされた気がした。

 

けれども、このような生徒さんが、彼女だけでなく、日本中のあちこちに存在していると思われるのだ。そして、そのほとんどの方達は音感がない状態でピアノレッスンを受けているため、なかなか音楽的自立ができず、常にピアノの先生がいないと曲がマスターできないのである。

 

もう一人、音大出身の生徒さんが音感トレーニングを受けているが、絶対音感を持っていると思っていた彼女にテストしてみたところ、絶対音感がないことが判明し、ショックを受けていたようだったが、相対音感はそこそこ良いものを持っておられた。しかし、臨時記号や転調が起こったり、2声以上になると音が聞き取りができない。彼女はピアノ科出身で、上級レベルの曲も勿論弾くことができるのだが、このような方でも精度の高い相対音感を持っている人の数は非常に少ないのが現状なのだ。

 

しかし、彼女が上級レベルまで行き、音大に入れたのは相対音感がある程度あったお陰ではないかと思うが、一度に沢山の曲を習得する際には大変な苦労が伴ったのではないかと思われる。精度の高い相対音感を持っていれば、そうでない人よりも早く曲をマスターすることができるし、どこで転調したのかも理解できる。また、絶対音感も持っていれば、早く曲をマスターできるだけでなく、暗譜の苦労もなくなるし、それよりも何よりも、絶対音感を持っていない人よりもより深く音楽を味わうことができていたはずだ。

 

絶対音感は年齢制限があり、残念ながら幼少期にしかできないが、嬉しいことに相対音感は年齢に関わらずいつでも鍛えることができる。なので、大人の方は、ピアノを習っている生徒さんであろうが、音大卒であろうが、ピアノの先生であろうが、まずは躇しないでまず、音感テストを受けて頂き、積極的にトレーニングを受けて頂きたいと思う。

 

 

| - | 16:02 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH