<< 実践を沢山積んだ人はやはり上手くなる | main | 絶対音感トレーニングが順調に進んでいます♪ >>
男性の生徒さんの体験レッスン

一昨日の土曜日、40代の男性の方が体験レッスンにいらした。ピアノと英語が同時に学べるところを探したら、当教室がひっかかったそうだ。

 

これまでの生徒さんの場合、ネットで教室を検索される時は通常、”ピアノ教室 藤が丘(または青葉台、や田園都市線など)”というキーワードで最初は探し、その中でたままた当教室が英語で教えているということを知り、来られる方ばかりだった。ので、最初から英語でピアノを学ぶことを目的として探すケースはとても珍しい。それで、そのことを伝えたところ、その方は、

 

英会話学校はそもそも本来、自分がその状況にいないのに、あたかもその状況にいるような感じで会話をするという不自然な状態なので、なかなか英語が身に付かない。どうせなら、何かをやっているついでに学んだ方が効率的だ。

 

と。まさに私自身が考えていることと同じことをおっしゃるので、驚いたが、この方は大変よく分かっていらっしゃる。

 

その方がピアノを始めたいと思ったのは、以前に娘さんの友人のショパンの演奏を聴いて大変感銘し、憧れを抱くようになったそうだ。また、男性がピアノを弾くのはかっこいいから、ともおっしゃっていた。確かにピアノが弾ける男性はとてもかっこいいですね。それだけでも女性にモテるから、それが動機で始めた方がいるというのを聞いたことがあります^^

 

それに、ピアノはそもそも男性向けの楽器で、海外では男性がピアノを習う人がわりと多いと思うのだが、日本では何故か未だ女性が圧倒的に多い。女性が習う楽器だと未だ勘違いしている方もいらっしゃる。なので、男性の方もちょっとでも始めたい、という気持ちがあれば、是非やってみることをお勧めしたい。しかし、ピアノは楽器の中でも習得するのに一番難しい楽器なので、それなりの練習は必要になる。それで、初級レベルの場合、毎日最低30分は練習する必要がありますよ、とお伝えしたら、その方は、あっさりと、はい、わかりました!、とおっしゃり、やる気満々のようだ。

 

早速体験レッスンに入ったが、当教室では輸入盤のテキストを使うので、いきなり英語が出てくる。英語の勉強にもなるし、音楽の専門用語も全て英語で覚えられるので一石二鳥だ。まずは音符読みの練習から入り、リズム打ちなどを経て、ピアノ演奏に入ったが、メトロノームと上手く合わない。しかし、5分練習を続けているうちにピッタリ合うようになり、リズムの感覚が少し分かったようだ。また右手か左手の片手だけとはいえ、リズムにも注意し、音を読みながら弾くといった、一度に複数の作業をするので、

 

「これは頭をものすごく使いますね!」

 

と、早くも脳の活性化を実感しているようだ。そう、ピアノは他の楽器の中では最も脳を使う領域が広いのだ。以前、アメリカのテレビでそのような実験をしていたのを聞いたことがあり、他の楽器と比べて、ピアノを弾く時、人間の脳はほぼ全域が真っ赤に反応ていたそうだ。

 

「でもピアノは右手と左手で全く違う動きをしますよね。あんな神業的なことができるなんて、とても信じられないんですが」

 

「練習を重ねるうちに、それができるようになるんですよ。それに、人間の脳は最近の研究で、年齢に関わらず新しいことをすれば、脳の神経細胞は増えて来るんですね。しかし、せっかく練習してできるようになっても、練習をサボってしまえば、神経細胞は衰えて弾けなくなってしまいます。また、練習はするけれども、時々サボる、ということを繰り返す方はなかなか上達しません。だから毎日の練習が大事なんですね。」

 

と、まあこんなやりとりをしながら時間はあっとう間に1時間が経ち、その方はその場で入会の意を伝え、早速来週からレッスンを始めることになった。英語の輸入盤テキストもその日のうちに早速注文されたようで、これから忙しくなる、と喜んでいらっしゃった。

 

 

 

 

| レッスンのこと | 15:10 | comments(0) | - | pookmark |
コメント
コメントする









CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH