絶対音感トレーニングを、正しくやっていますか?

先日、他のピアノ教室に通われている5歳の女の子の体験レッスンに来られました。そこでも絶対音感トレーニングを受けているとのことで、早速こちらでテストをしてみたのですが、ところが驚いたことに、既に黒鍵の和音の最後の音までやっているにも関わらず、発見の和音も含めてほとんど音が聞き取れない状態でした。

 

通常、ここまで来た場合はほぼ100%の確率で正解できるため、これには私もびっくりし、お母さんにトレーニングを始めてどのくらい経っているのか聞いたところ、まだ1年とのこと。

 

「ん...?!いくら何でもちょっと早すぎはしないか?」と、うっかり口に出してしまうのを何とか抑えたが、さすがの私も少し動揺。

 

トレーニングを始めた年齢が4歳なので、通常なら1年でここまで来ることは滅多にない。2歳から始めたお子さんの場合は1年で習得できる場合もあるが、それは非常に稀なケース。なので、どのように絶対音感トレーニングを今のお教室で進められているのか聞いたところ、新しい和音を始めた日付が書かれている紙を出してくださった。それを見ると、なんと短期の間に、その前の音がしっかり覚えられていないうちに新しい旗へどんどん進めていたということが分かり、かなりのショックを受けた。

 

「これはかなりずぼらなやり方だな...」と心中で思いつつ、このやり方でこれまで生徒さんに絶対音感を身につけさせることができていたのか、かなり疑問に思われた。

 

このお教室も、当教室と同じ江口メソッドを使ってトレーニングをされているが、どうやら自己流にアレンジして行われているようだ。

 

そこで、この子はどこまで音が聞き取れているのかテストしてみたところ、なんとまだ赤黄青の3つの和音がなんとか識別できるレベル。それで、お母さんに、この子は一からやり直す必要があると伝えたところ、お母さんも動揺が隠せなかったようで驚かれていました。そうですよね、信じてやってきたトレーニングが間違いだったかもしれないということになれば、ショックは隠せないと思います。

 

それで、この子がまだ6歳未満であり、今すぐにでもやり直しをすれば可能性がまだ残っていることを伝えると少しホッとされたようでした。あとはピアノの体験レッスンをして、その日は終わりました。その方は、その後すぐに当教室へご入会され、音感トレーニングのやり直しを早速開始しました。

 

実は残念ながらこのような生徒さんは、この子が初めてではありません。今年の4月にお母さんから絶対音感トレーニングを受けていた3歳の女の子が体験レッスンに来ましたが、この子もすでに黒鍵の和音に行っていたにも関わらず、音の分化ができず、ずっと和音だけのトレーニングを続けていたそうです。

 

このお母さんは、ご自身で江口メソッドの本を読んでトレーニングをされていたそうですが、素人の方がトレーニングをされると、このような問題が起こる可能性が非常に高いです。本を読んでいると自分でもやれそうだと思われますが、ある程度の音楽の専門知識があり、また、経験がある人でないと失敗する可能性が高いため、素人が行うことはお勧めしません。

 

このお子さんの場合、ピアノのレッスンへ入るタイミングが分からず、結果、お子さんはドレミが何なのかも理解できずにトレーニングを続けていたわけですから、これではいつまでたっても絶対音感を身につけることはできません。

 

このお二人のような状態になると、これまでトレーニングに費やした時間やお金が無駄になるため、お教室を選ばれる時は慎重に選んでください。一番良いのは、そのお教室の先生に以下のことを質問するとよいでしょう。

 

  • 現在、何人の生徒さんが絶対音感トレーニングを受講しているのか
  • 過去に何人の生徒さんに絶対音感を身につけさせることができたのか

そして、トレーニングの途中でも、少しでも疑問が沸いたら遠慮なく先生に質問することです。そこでお茶を濁されたり、曖昧なお返事をされた場合は、一刻も早くそこを辞められて、別のちゃんとしたお教室でトレーニングを受けられることをお勧めします。

 

残念ながら、江口メソッドの書籍があるために、ピアノの先生でもよく研究せずに実施するところがあるようです。一見、この本を読むと自分でもやれそうだという感じてしまうのですが、実際は、書かれているほどそう簡単にやれるものではありません。私自身、何度もこの本を読み倒して研究し、現場で様々な試行錯誤を重ねてやっていますが、それを普段からやっていても、生徒さんの進み方がそれぞれ違うため、日々、様々な問題・課題が出てきます。江口メソッドの本には、全ての問題に対して答えが書かれているわけではありませんので、そこをどう対処していくのか、ピアノの先生の力量が問われます。

 

音感トレーニングはきちんとした先生の下で行われることを強くお勧めいたします。

| 音感トレーニング | 14:30 | comments(0) | - | pookmark |
英語の音名で白鍵の絶対音感が身に付きました!

新型コロナウィルスが猛威を奮い、先行きが分からない中で不安を抱えながらも日々やるべきことに没頭していた先日、とても嬉しいことが起こりました。

 

4歳から絶対音感トレーニングを受講し、今では6歳となり既に小学校に上がってしまいましたが、白鍵の和音が6個くらいになった辺りからミスがなかなか消えず、様々な治療トレーニングをしたり、時には旗の本数を減らして、長くて暗いトンネルの中を行ったり来たりしましたが、何とか9個の和音までいくことができました。白鍵の和音を習得するのに2年かかりましたが、先日、単音のテストをしたところ、全て英語の音名で答えさせましたが、全て全問正解。無事、白鍵の絶対音感を身に付けることができました。これにはお母様も大変驚いたようです。

 

お子さんの中には、この白鍵の和音のトレーニングの中で自然と単音への分化ができている子供もいれば、そうでない子供もいます。分化ができていないお子さんには、分化トレーニングをすることになりますが、この生徒さんの場合は既に白鍵の絶対音感が付いているため、その日から黒鍵の和音のトレーニングに入ることができました。白鍵の絶対音感が付けば、黒鍵の音の絶対音感も間違いなく身に付けられるため、一つの大きな山場を乗り越えたことができたのです!

 

この長いトンネルの中でお母様もさぞ不安になったかと思いますが、よく辛抱強くここまでやって下さったのかと思うと、お母様をいっぱい褒めてあげたい気持ちになりました。

 

当教室の絶対音感トレーニングを英語でやっている理由は、絶対音感習得後は相対音感トレーニングに入り、移動ドを習得しないといけないため、音名と階名を区別するため、生徒さんを後から混乱させないように敢えて分けることにしているからです。江口メソッドの著者、江口氏によると、日本の子供達は幼稚園などで既にドレミに馴染んでしまい、また子供にトレーニングをする親御さん側もドレミに馴染んでしまっているため、ドレミの方が日本ではやりやすいと言っていましたが、当教室の生徒さんに限っては、問題なくできることが分かりました。

 

これは、私自身にとっても大きなチャレンジでしたが、やって良かったと心から思いました。これで相対音感も混乱することなくできると確信しております。

 

当教室では他にも何人かの生徒さんが絶対音感トレーニングを受講していますが、現在行き詰まっている方も、必ず出口がありますから、辛抱強く、希望を持って頑張って頂けたらと思います!

 

 

 

 

| 音感トレーニング | 10:20 | comments(0) | - | pookmark |
相対音感はピアノを習っていれば自然と身に付くものではない

ある調べ物をしていたら、たまたま別のピアノ教室のサイトが目につき、アクセスしたところ、相対音感についてこんなことが記載していた。

 

「相対音感は、ピアノをやっているうちに自然と身に付きます。」

 

唖然として、その講師のプロフィールを拝見したところ、一応、ちゃんとした音楽大学を出た先生だ。

 

しかし、残念ながら、相対音感や絶対音感に関する誤解が多く、きちんと理解していない先生が非常に多い。音楽大学でさえ間違った音感訓練をしているという現実があり、また、ピアノ教室でちゃんとした音感教育を施している所は非常に少ない。

 

現に当教室では、音大卒の方が相対音感トレーニングを受講しており、また、最近では指揮者を目指して修行中の音大卒の方も当教室に通っている。彼らは皆、子供の頃からピアノをやっており、しかも音大でも音感教育を受けた人達だ。しかし、10年も20年も音楽をやっているにも関わらず、彼らはハ長調の単旋律の聴音でさえきちんと聞き取れない状態なのだ。これは明らかに、音楽大学でさえ音感教育がでたらめになっている証である。

 

彼ら曰く、音大の音感教育はほとんど役に立たず、更に驚いたのは、何と、幼少期でしか身に付けることができない絶対音感トレーニングまでやっていたそうなのだ!これには本当に驚かされた。当然、その方は絶対音感は身に付けることはなく、相対音感もあやふやなまま、卒業してしまった。

 

もし、ピアノを習っているだけで相対音感が身に付くということが真実であれば、何故、彼らは身に付けることができなかったのだろうか?また、何故、多くのピアノの先生や学校の音楽の先生は、きちんとした相対音感トレーニングを生徒さんに提供できないのだろうか?それは、彼らがそもそもきちんとした相対音感を持っていないがために、自分の生徒さんにトレーニングを提供できないのだ。

 

これを知った時、かなり深刻な問題だということに改めて気づかされた。このような先生方が多数を占めている限り、日本の子供達の音感は良くならないばかりか、一流の音楽家、又は音楽教室としての最低限の能力さえ身に付かないまま、低レベルの音楽教育を提供しつづけるだけなのだ。

 

音感教育は、正直手間がかかるし、非常に面倒だ。しかも教える本人が音感がないとしたら尚更だろう。けれども、音感というものは、ピアノをやる上での基礎中の基礎、土台となるもので、本来はなくてはならないものだ。残念ながら、ピアノは本人に音感がなくても、楽器が正確な音を出してくれるから、音感教育がなおざりになるのである。ピアノは、猫が弾いても音が出るので、音感がなくてもある程度のレベルならそこそこ弾けてしまうのだ。しかし、音の識別ができる、転調の識別、複雑な楽曲で音の違いが分かる、正しい音程で歌が歌える、などと言った能力は身に付かない。また、音感がない人達は、同じ音楽を聴くにしても音楽を深く理解して味わうこともできないのだ。

 

私が思うに、どんなことでも面倒なことをやることにこそ価値があると思っている。面倒なことこそ、実は最も重要なものなのだ。未だに日本では、音感教育への正しい理解が欠如しており、非常に残念なことである。これを何とか変えねばならないと思っている。

 

 

| 音感トレーニング | 00:04 | comments(0) | - | pookmark |
やっと笑顔でレッスンに来てくれました!

先日お話した、音感トレーニングを嫌がっていた2歳の生徒さん。先日のレッスンでは、珍しく、最初から笑顔でやってきました!

 

初回のレッスン以降、お母さんが自宅でのトレーニング中にお子さんをかなり厳しく叱ってしまったため、トレーニングを嫌がってしまい、レッスンでやろうとしてもなかなか協力してくれませんでした。その子が、なんと、その日は全く嫌がることなく、最初から最後までちゃんと旗があげられるようになったのです!

 

お家でもやはり、この1週間はトレーニングを嫌がることなく、ようやくちゃんとやれるようになり、お母さんから叱られたトラウマが消えたようです。前回も申し上げたとおり、まだ2歳だったから忘れることが早くて良かったかもしれません。

 

3年程前に、3歳の男の子がトレーニングを受けていたのですが、3か月ほどで挫折しました。その子は毎回、レッスンにくるたびに駄々をこね、泣き叫び、扱いに本当に困りました。なぜトレーニングをそこまで嫌がるのか不思議でしたが、結果、トレーニングがなかなか進みませんせんでした。お家では絶対に叱らないように、と初回のレッスン時に申し上げたのですが、親御さんからは叱っていない、と言いながらも、私が実際にその方の家を見ているわけではありませんので、実際のところ、どうか分かりません。

 

けれども、他の生徒さんの皆さんは、嫌がるどころか、むしろ自分から喜んでやるお子さんばかりで、この男の子だけがどうしてここまで極端に嫌がっていたのか、そのことを思い出しながら、この2歳の女の子のトレーニングをしていたところ、母親のふとしたしぐさからヒントが見えてしまいました。

 

その女の子が、旗を降ろしても手に持ったままでなかなか離そうとしないので、私が「旗から手を離してね」と言うや否や、そのお母さんは子供の手から旗を抜き取ってしまいました。それで私はすかさず、

 

「お母さんは手を出さないようにしてくださいね。子供が自分から旗を離すまで待ってあげましょうね。」

 

どんな行動にも、子供の自主性が大切なのです。小さいお子さんとはいえ、こちらが言っていることが理解できるのであれば、その動作ができるまで待ってあげることが必要です。強制的に行動を強いられると、お子さんは自分の意志で動いているわけではありませんので、抵抗感を感じ、反発するようになります。

 

これは私の推測ではありますが、その3歳の男の子のお母さんは、もし本当に叱っていないとすれば、知らないうちにお子さんにそのような接し方をしていた可能性があります。親御さんがイライラしていたり、早く終わらせたいという気持ちが少しでもあったりすると、言葉に出さなくてもお子さんにはその気持ちが伝わってしまいます。そんな不機嫌なお母さんと一緒に子供はトレーニングしたいとは思いません。お子さんが嫌がっている場合は、親御さんの接し方に問題がないかチェックする必要があります。

 

音感トレーニングは、お子さんのペースで進めてあげる必要があります。子供が親の言うことを聞かない場合は、親御さんの気持ちも伝え、子供と話し合い、お互いが協力する状態をつくってあげるのが大切です。親が一方的に命令し、子供に無理矢理やらせる状態では、トレーニングを続けることが非常に難しくなります。

 

親御さんは、何があってもトレーニング中はいつもニコニコ、平常心でお願いしますね!

 

 

| 音感トレーニング | 15:53 | comments(0) | - | pookmark |
これは何のスマイル!?

昨日、3歳の男の子の絶対音感トレーニングをしていた時のこと。

 

黒の旗が1本増え、4本になったが、たまに来る黒の音が鳴ると、急に妙なスマイル全快になり、私に向かってニコーーーーっとした顔をするのです!

 

あまりのその嬉しさ全快の妙なスマイルにこちらもついつい笑ってしまうのだが、そんなに黒の音が来るのが嬉しいのか!?

 

しばらくして、また黒が出てくるとやはり同じ反応をする!

 

これまで、子供達からこのような反応は見たことがなかったのだが、お母さんに聞いてみると、家でのトレーニングでも同じ反応をするんです、とおっしゃった。まあ、なんと面白いお子さんなんだろうか。こちらもつい笑顔になってしまうので、やっている方も楽しくなってしまいます。

 

そのスマイルがあまりに妙で面白いので、写真に撮って見せたいくらいなのだが、黒の音がそんなに好きなのか、それとも黒の色が好きなのか、新しい音だから喜んでいるのかは分からない。

 

いずれにしても、楽しそうにトレーニングをしているということは、大変良いことなのである。

 

この「楽しくトレーニングをする」というのは、絶対音感トレーニングをやりとげるために非常に重要なことなのである。楽しくやれれば、子供自らやりたがり、結果、毎日5回のトレーニングがちゃんとできて、トレーニングの長期化を防ぐことにもなる。

 

開始年齢にもよるが、楽しくやっているお家では、お子さんの上達がやはり早い。トレーニングでは絶対に叱ってはいけないということを、くどいくらいに伝えているので、ほとんどのお家では問題なくやれている。しかし、残念ながら、トレーニング初回にかなり子供をきつく叱ってしまったお家があり、残念ながらその後もトラウマが続いているのか、子供がトレーニングを嫌がってしまっている。幸い、まだ2歳なので、時間をかけて楽しくする工夫をしながら、音感トレーニングは安心な所だよ、楽しい所だよ、ということを知ってもらうしかない。

 

来週のレッスンでは、黒の回数が増えますが、果たしてその男の子は、黒の音が来るたびにまた同じ反応をするのかどうか、楽しみです!^^

 

 

| 音感トレーニング | 14:21 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH