全生徒さんがオンラインレッスンにが切り替えて2週間経ちました

先週の月曜日の4月6日、政府から緊急事態宣言がようやく発令されましたが、正直、やっと出してくれたか、という感じです。と言うのも、3月初めの全国の学校が閉講になった時点でもう日本はかなり危ない状態だったにもかかわらず、日本はまだなんとか持ちこたえている、とかで緊急事態宣言をなかなか出そうとしなかった政府にもどかしさを感じていたからです。

 

当教室では、学校が休講になった3月の時点から既に他の音楽教室よりもいち早くオンラインレッスンを導入していましたが、一部の生徒さんがそれでも当教室へお越しになるため、こちらから強く「もう来ないでください」とはなかなか言えませんでした。オンラインよりも対面レッスンの方がいい、という気持ちはとても良く分かりますし、私もできればそうしたかったのですが、いつ自分が感染するか、また、生徒さんに移してしまわないか、と毎日気がとても張った生活を送り、神経質にならざるを得ませんでした。レッスンの後のピアノの鍵盤、ドアノブ、テーブルや椅子、音感トレーニングに使う旗、レッスンで使う道具など、生徒さんが触れる所すべて消毒をしなくてはいけなかったため、この作業を毎回やることにも非常なストレスでした。

 

緊急事態宣言が発令されて、ようやく納得して下さったのか、4月から全生徒さんにオンラインレッスンで対応します、と決めた時はどなたからも反対の声はありませんでした。また、その1週間前に千葉の柏市の音楽教室で講師がコロナウィルスに感染し、生徒さん全員調査中というニュースもありましたので、その影響も大きかったと思います。

 

その音楽教室での事件があってから、ある親御さんから、「いち早くオンラインレッスンに切り替えて下さった先生に本当に感謝しています。」とお言葉を頂いた時には、3月での自分の判断は間違っていなかったと確信を頂きました。事は起こってからでは遅いのです。この様な事態の場合は、経営者は先を見通して最悪の事態を想定し、素早く決断し行動に移さないといけないのですが、こういうことがなかなかできない経営者が大中小企業に関わらず多い気がしています。

 

ともあれ、全ての生徒さんがオンラインレッスンに切り替えてから2週間が経ちました。先週は、接続できない、画面に相手が映ってもオーディオをオンにしていなかったために声が聞こえない、とか、ミーティングに入れない、などのトラブルがありましたが、一度使うとすぐに慣れてきますので、今週は比較的スムースにいけたと思います。小さなお子さんの中には、何故先生がカメラの向こうにいるのか理解できずに戸惑った子もいましたが、今は理解したのか、楽しくレッスンがやれています。

 

しかし、先月から既にオンラインレッスンに切り替えている一部のお子さんは、既に中だるみが出てきているのか、レッスン後半になると集中力がなくなってしまうケースも。従って、通常のレッスンをそのままオンラインに切り替えるのは問題があると感じ、生徒さんの集中力を持続するための工夫が必要だと感じました。

 

外出ができない事態になっても、テクノロジーの発達のお蔭でオンラインレッスンができることは大変有難いことです。また、生徒さんにとっても、学校にも習い事にも行けなくなった今、ピアノレッスンができる環境を与えてあげるという意義は大きいと思います。今は日本も大変な事態になってしまいましたが、そのことに感謝しつつ、自粛生活を楽しめるように心がけたいと思います。

 

 

| レッスンのこと | 14:46 | comments(0) | - | pookmark |
英語の音名で白鍵の絶対音感が身に付きました!

新型コロナウィルスが猛威を奮い、先行きが分からない中で不安を抱えながらも日々やるべきことに没頭していた先日、とても嬉しいことが起こりました。

 

4歳から絶対音感トレーニングを受講し、今では6歳となり既に小学校に上がってしまいましたが、白鍵の和音が6個くらいになった辺りからミスがなかなか消えず、様々な治療トレーニングをしたり、時には旗の本数を減らして、長くて暗いトンネルの中を行ったり来たりしましたが、何とか9個の和音までいくことができました。白鍵の和音を習得するのに2年かかりましたが、先日、単音のテストをしたところ、全て英語の音名で答えさせましたが、全て全問正解。無事、白鍵の絶対音感を身に付けることができました。これにはお母様も大変驚いたようです。

 

お子さんの中には、この白鍵の和音のトレーニングの中で自然と単音への分化ができている子供もいれば、そうでない子供もいます。分化ができていないお子さんには、分化トレーニングをすることになりますが、この生徒さんの場合は既に白鍵の絶対音感が付いているため、その日から黒鍵の和音のトレーニングに入ることができました。白鍵の絶対音感が付けば、黒鍵の音の絶対音感も間違いなく身に付けられるため、一つの大きな山場を乗り越えたことができたのです!

 

この長いトンネルの中でお母様もさぞ不安になったかと思いますが、よく辛抱強くここまでやって下さったのかと思うと、お母様をいっぱい褒めてあげたい気持ちになりました。

 

当教室の絶対音感トレーニングを英語でやっている理由は、絶対音感習得後は相対音感トレーニングに入り、移動ドを習得しないといけないため、音名と階名を区別するため、生徒さんを後から混乱させないように敢えて分けることにしているからです。江口メソッドの著者、江口氏によると、日本の子供達は幼稚園などで既にドレミに馴染んでしまい、また子供にトレーニングをする親御さん側もドレミに馴染んでしまっているため、ドレミの方が日本ではやりやすいと言っていましたが、当教室の生徒さんに限っては、問題なくできることが分かりました。

 

これは、私自身にとっても大きなチャレンジでしたが、やって良かったと心から思いました。これで相対音感も混乱することなくできると確信しております。

 

当教室では他にも何人かの生徒さんが絶対音感トレーニングを受講していますが、現在行き詰まっている方も、必ず出口がありますから、辛抱強く、希望を持って頑張って頂けたらと思います!

 

 

 

 

| 音感トレーニング | 10:20 | comments(0) | - | pookmark |
新型コロナウィルスの影響で今週いっぱい臨時休講になりました

先週土曜日に行われた安倍総理の記者会見を踏まえ、当教室は今週いっぱい、臨時休講にすることにいたしました。

 

突然の全国の学校閉鎖という発表に戸惑われた親御さんも多いと思います。なので、当教室は当初は今週も開講する予定でおりましたが、周りの塾やスイミングスクールなどの状況を調べると、ほとんどの塾や習い事が1週間休みを取っていたため、致し方なく当教室も休講にすることにいたしました。

 

正直、今回の安倍総理の決断はあまりに唐突で無計画、何故全国の学校を対象にしないといけないのか理解できませんが、当教室で万一、感染者が発生し、そこから拡大が広がった場合、他の習い事は閉講しているのに、何故この教室だけ開講にしたのだ、という非難を免れることはできません。ここは残念ながら日本ですので、皆一律、同じ行動を取らないと何かあった時にものすごい非難の標的となります。

 

経営するということは、こういう所まで見据えて事を判断しないと致命傷になりかねないので、今回は難しい決断でしたが、生徒さんの安全と健康のため、月曜日に急遽、休講することにいたしました。

 

生徒さんやご父兄には突然のご連絡となってしまいましたが、幸い皆さんがご理解して頂き、苦情も一切なく、休講することができています。しかし、子供がレッスンを楽しみにしていたので、すごくがっかりしています、というお声をご父兄から頂いた時は、さすがに心苦しくなりました。

 

学校の閉講になり、全ての習い事が閉鎖になってしまったので、ピアノレッスンが唯一の楽しみだったのでしょう。それを月曜日に急遽、休講にしてしまったので、本当に申し訳なく思っています。

 

来週以降のレッスンは、特に急激な感染拡大もしくは政府・自治体から外出禁止令などが出ない限りは開講する予定です。早くも来週のレッスンを楽しみにしている生徒さんが多いので、忙しくなりますが、頑張ろうと思います!

 

 

| レッスンのこと | 14:42 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH