人間は誰一人としてオンチはいない 〜着実に上達している超オンチの生徒さん〜 

現在、当教室では20〜30代の大人の方達が相対音感トレーニングを受講している。その中に去年書いたブログにも少し述べているが、音も全く取れない、正しい音程を声にもまったく出すことができない、重症のオンチの生徒さんがいらっしゃる。しかし、発表会の後、その方の上達が目覚ましいのだ!

 

最初は、普通のハ長調のドレミファソさえ声にまともの出せず、音を外しっぱなしだったのだが、ここ最近は、24調に転調してもかなり歌えるようになった。また、音を外していることさえ自覚がなかったのが、それが自分でも分かるようになり、自宅でもより効率的に練習できるようになったようだ。

 

最初は、これをやらせるだけでかなりの時間を要するかと思ったが、意外と早く成果が現れており、私自身も驚いている。

 

但し、音の聴き取りはまだ完全にはできず、今は一つずつ音を増やしながら毎回のレッスンで聴きとりのトレーニングをさせている。今は3つの音が聞き取れるようになり、5〜6つのメロディーでつないで弾いても100%正確にとれるようになった。

 

正直、体験レッスンに来られた時は、これまで当教室で教えたことのなかった超重症の生徒さんだったので、私にできるのだろうかと思ったが、今は引き受けて良かったと思っている。その生徒さん自身もだいぶ自信がついてきたようで、声質もだいぶよくなってきた。

 

ここで一つ実感として分かったことは、人間は誰一人として音痴な人はいない、ということである。その人が音痴なのは、音のイメージが頭にない、そして、声の出し方が分からないだけで、これらを訓練し続ければ誰でも音痴は克服できるのである。また、音痴だけでなく、音の判別もできるようになり、耳で聴いただけで自分で音に合わせてうたえるようにもなるのである。

 

また、当教室には音大卒の生徒さん達も通っており、音大卒の方はさすが音大を出ているだけあって、一般の人達と比べて音をほぼ正確に声にだせるが(素人耳には音痴だとはほぼ分からない)、時々音がずれたりして決して完璧ではない。また、意外と単純なハ長調の単旋律が聞き取れない、転調になると分からなくなるという問題を抱えている。

 

相対音感の場合は、音と音の距離を測って音を取らなくてはいけないのだが、正確に距離が取れない為に音の判別に苦労し、声にも正確さを欠けてしまう。相対音感を強化するにはこの部分を訓練しなくてはいけないのだが、多くの巷の練習方法でやられていることは、ただやみくもに歌を歌ったり、聞き取りをするだけではなかろうか?こんなことをしていても意味はないし、時間を浪費するだけで、結局何も身に付かないのである。

 

音感訓練は年齢が低ければ低い程良いのだが、20代、30代でもまだ伸びしろがあるので、諦めないでいただきたい。また、相対音感は、その気になれは、40代以上でも全く可能で、先日ご入会された50代の生徒さんも、来週のレッスンから相対音感トレーニングを始められる。ピアノの演奏に自身がない、音の違いがピアノを弾いても分からない、などの問題を抱えている人は是非受講頂きたいと思う。

 

 

 

 



 

| - | 21:40 | comments(0) | - | pookmark |
ピアノ発表会が無事に終わりました!

新年あけましておめでとうございます。

 

当教室のピアノ発表会が、昨年12月21日に行われましたが、皆さまのご協力の下、無事、終了することができました。この場をお借りして、御礼申し上げます。

 

今回の発表会も、雨が全く降らない日で、天気はずっと曇りで決して良いとは言えませんが、これまで当教室の発表会で雨にあったことは一度もなく、自称晴れ女(?!)の名目を果たすことができました。^^;

 

今回の発表会も盛沢山のプログラムで、最初はice breakingとして、生徒さんが考えてくれたゲームを通して緊張をほぐしてくれました。(ice breakingとは、アメリカのセミナーや会議などの集まりでよく使われていますが、初対面の人同士が出会う時に緊張をほぐす手法のことを指します。)

 

今回は、下は3歳から、上は60代の方まで、幅広い年齢層による演奏を聴かせてくれました。まずは、可愛い子供達の演奏の一部から。この子供達は英語で歌を歌いながらピアノを披露してくれました。当教室のお子さんは全員、英語で歌を歌うのはお手のものです♪


 

大人の方も頑張って弾いて下さいました。中には今回、発表会が生まれて初めての方も!また、こちらの写真にはありませんが、相対音感トレーニングを受講している方には、歌を歌って頂きました。

 

演奏は2部形式となっており、1部と2部の間には、アメリカから帰国した二人の姉妹が、"Joy to the World"のクリスマス讃美歌を歌ってくれました。その後、皆で英語の歌詞で歌う練習をしました。"Joy to the World"は、日本語で「諸人こぞりて」の歌になりますが、アメリカで最もクリスマスで良く歌われる讃美歌です。

 

 

1部はこの1年で習った曲で好きな曲を披露、2部は自由曲で、皆さんクリスマスの曲やディズニーの曲などの披露してくれました。最後には、相対音感トレーニングを受講している生徒さんが、ギターが弾けるというので、ギターで「きよしこの夜」を弾いてくれました。

 

ちなみに、2部は楽器なら何でもありです!過去には、ウクレレを弾いて下さったり、こちらのピアノの伴奏でバイオリンを弾いた生徒さんもいました。

 

プログラム終了後は、待ちに待った恒例のプレゼント交換。ご父兄の方達も交え、アメリカで行われているプレゼント争奪戦が始まりました!

 

 

このプレゼント争奪戦は各々が欲張りにならないと盛り上がらないのですが、控えめな日本人同志ではなかなか盛り上がらず、過去のクリスマス発表会でもあまり盛り上がりませんでした。ところが今回は、一人の若い男性生徒さんが欲張りになって他人のプレゼントを奪ったため、それがきっかけとなり、各自が欲張りになり(笑)、プレゼントを奪う、奪われたプレゼントを取り返す、というハプニングが続き、笑いも沢山あり、大いに盛り上がることが出来ました♪

 

発表会の後は、いつもの通り、私はクタクタになりましたが、皆さんがとても楽しかったとおっしゃって下さり、良かったと思いました。皆さん一人一人においては、演奏が上手くできなかった、失敗しちゃった、など反省するところが色々あるかと思いますが、これを糧に、また次の機会を目指して頂ければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

| レッスンのこと | 10:09 | comments(0) | - | pookmark |
相対音感はピアノを習っていれば自然と身に付くものではない

ある調べ物をしていたら、たまたま別のピアノ教室のサイトが目につき、アクセスしたところ、相対音感についてこんなことが記載していた。

 

「相対音感は、ピアノをやっているうちに自然と身に付きます。」

 

唖然として、その講師のプロフィールを拝見したところ、一応、ちゃんとした音楽大学を出た先生だ。

 

しかし、残念ながら、相対音感や絶対音感に関する誤解が多く、きちんと理解していない先生が非常に多い。音楽大学でさえ間違った音感訓練をしているという現実があり、また、ピアノ教室でちゃんとした音感教育を施している所は非常に少ない。

 

現に当教室では、音大卒の方が相対音感トレーニングを受講しており、また、最近では指揮者を目指して修行中の音大卒の方も当教室に通っている。彼らは皆、子供の頃からピアノをやっており、しかも音大でも音感教育を受けた人達だ。しかし、10年も20年も音楽をやっているにも関わらず、彼らはハ長調の単旋律の聴音でさえきちんと聞き取れない状態なのだ。これは明らかに、音楽大学でさえ音感教育がでたらめになっている証である。

 

彼ら曰く、音大の音感教育はほとんど役に立たず、更に驚いたのは、何と、幼少期でしか身に付けることができない絶対音感トレーニングまでやっていたそうなのだ!これには本当に驚かされた。当然、その方は絶対音感は身に付けることはなく、相対音感もあやふやなまま、卒業してしまった。

 

もし、ピアノを習っているだけで相対音感が身に付くということが真実であれば、何故、彼らは身に付けることができなかったのだろうか?また、何故、多くのピアノの先生や学校の音楽の先生は、きちんとした相対音感トレーニングを生徒さんに提供できないのだろうか?それは、彼らがそもそもきちんとした相対音感を持っていないがために、自分の生徒さんにトレーニングを提供できないのだ。

 

これを知った時、かなり深刻な問題だということに改めて気づかされた。このような先生方が多数を占めている限り、日本の子供達の音感は良くならないばかりか、一流の音楽家、又は音楽教室としての最低限の能力さえ身に付かないまま、低レベルの音楽教育を提供しつづけるだけなのだ。

 

音感教育は、正直手間がかかるし、非常に面倒だ。しかも教える本人が音感がないとしたら尚更だろう。けれども、音感というものは、ピアノをやる上での基礎中の基礎、土台となるもので、本来はなくてはならないものだ。残念ながら、ピアノは本人に音感がなくても、楽器が正確な音を出してくれるから、音感教育がなおざりになるのである。ピアノは、猫が弾いても音が出るので、音感がなくてもある程度のレベルならそこそこ弾けてしまうのだ。しかし、音の識別ができる、転調の識別、複雑な楽曲で音の違いが分かる、正しい音程で歌が歌える、などと言った能力は身に付かない。また、音感がない人達は、同じ音楽を聴くにしても音楽を深く理解して味わうこともできないのだ。

 

私が思うに、どんなことでも面倒なことをやることにこそ価値があると思っている。面倒なことこそ、実は最も重要なものなのだ。未だに日本では、音感教育への正しい理解が欠如しており、非常に残念なことである。これを何とか変えねばならないと思っている。

 

 

| 音感トレーニング | 00:04 | comments(0) | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

PROFILE

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

ARCHIVES

MOBILE

qrcode

SEARCH